NEWS

12人組新人ボーイズグループ「N.CUS」、本日(27日)デビュー

12人組新人ボーイズグループN.CUS(エンクス)がデビューミニアルバム「MATCHLESS LOVE」を発売する。

 

大型新人ボーイズグループN.CUSが今日27日昼12時にデビューミニアルバム「MATCHLESS LOVE」を発売して本格的な活動を開始する。

 

N.CUSのデビューミニアルバム「MATCHLESS LOVE」は、タイトル曲「SUPER LUV」を皮切りに、「Come With Me」、「Take Me To Her」までトレンディーで感覚的なメロディーと歌詞で全3曲が入っている。

 

タイトル曲「SUPER LUV」はヒップホップとEDMが調和を成し、トレンディーでパワフルながらも繊細なサウンド。12人の異なる魅力とカリスマが引き立って、愛を勝ち取るためにすべてをかけるという内容を盛り込んだ。

 

2つ目の収録曲「Come With Me」は夢幻的なギターリフと多少憂鬱な色彩感のシンセが調和似合っている曲だ。君と一緒にならどこにでも行けるという若い男女の愛の物語を魅力的に描いた。

 

3つ目の収録曲「Take Me To Her」は、ファンキーなリズムとレトロなサウンドが引き立つ曲。彼女に早く会いたいと自分の両足を促すファンタジー的な要素とユーモラスな部分を掛け合わせた曲。

 

特に、今回のデビューミニアルバム[MATCHLESS LOVE]ではIZ*ONEの「空の上へ」、Stray Kids「I am YOU」、PRODUCE X 101コンセプト評価曲 Crayon「Pretty Girl」などをプロデュースした作曲家のKZをはじめ、作曲家のST3V3、シンガーソングライターのビオ(B.O.)、新人プロデューサーのAzak、テボン、D'DAYなど最高の作詞、作曲、編曲家が参加し注目を集めた。

 

また、N.CUSは今日27日の午前11時、上岩洞エスフレックスセンター地下1階の3D館で、デビューミニアルバム「MATCHLESS LOVE」発売記念ショーケースを通じてタイトル曲「SUPER LUV」の初舞台を披露して電撃デビューする。続いて2時にはファンショーケース、4時には、ファンサイン会を開催し、7時30分には、新村ユーフレックス広場からバスキングを進めてファンたちと疎通する。

 

秀逸なビジュアルと証明された実力で、次世代のアイドルとして注目されている12人組新人ボーイズグループN.CUSは、リーダーイオスを中心にファン、ミョン、ソ・ソクジン、ソンソプ、ホジン、ウンテク、スン、IF(イフ)、ユアン、スンヨン、ヒョンミンで構成される。チーム名のN.CUSは「No. Competitors Under the Sky」の略で「空の下にライバルはいない」という意味が込められている。

 

 

原文記事:http://sports.khan.co.kr/entertainment/sk_index.html?art_id=201908270848003&sec_id=540101&pt=nv